e-gohan いいごはん おいしく・楽しく・健康に チェリーテラスの食とレシピ

e-gohan
Topたらちり鍋と3種のたれ

たらちり鍋と3種のたれ

シンプルなたら鍋と特製“たれ”3種。

  • 和風
  • 手間いらずのラクチンレシピ

レシピ制作者

チェリーテラス

  • パーティーに

冬が旬の“たら”を存分に味わえる鍋ものです。こだわりは3種のたれ。手早い調理にはバーミックスが大活躍です。

材料
4人分
作り方
 
たら鍋
たら(切り身。大きめのひと口大に切る) 4切れ分
たらの白子 200〜300g
白菜(ざく切り) 4枚分
豆腐(食べやすい大きさに切る) 1丁分
長ねぎ(7〜8mm幅の斜め切り) 2本分
春菊(かたい茎の部分を除く) 1把
昆布(10cm長さ) 1枚
たれ1:もみじおろしとあさつき添え、自家製ポン酢
大根(2cm角に切る) 1/2本分
一味とうがらし 適量
あさつき(小口切り) 1束分
A ゆずの絞り汁 1/2カップ
しょうゆ 1/2カップ
だし汁 1/2カップ
みりん(煮切る) 大さじ2
たれ2:にらおろしだれ
にら(1cm幅に切る) 1/2束
玉ねぎ(1cm角に切る) 1/2個分(50g)
レモン汁 大さじ1
しょうゆ 大さじ4
たれ3:みぞれバルサミコだれ
玉ねぎ(1cm角に切る) 1/2個
バルサモ・ディヴィーノ 小さじ2
SABA 小さじ2
しょうゆ 大さじ4
フレスコバルディ・ラウデミオ(EXV.オリーブ油) 大さじ11/3
大さじ2
白ごま 大さじ2
1)
もみじおろしとあさつき添え、自家製ポン酢を作る。ジャグに大根を入れ、バーミックス(ミンサー)でおろし状にする。一味とうがらしを加えてへらで混ぜ、ざるで軽く水気をきる。Aの自家製ポン酢の材料を混ぜ合わせる。もみじおろし、あさつき、自家製ポン酢をそれぞれ器に盛る。
2)
にらおろしだれを作る。ジャグに玉ねぎを入れ、バーミックス(ミンサー)でおろし状にする。にらを加えてさらにバーミックス(ミンサー)でつぶし混ぜ、レモン汁、しょうゆも加えて混ぜ合わせ、器に盛る。
3)
みぞれバルサミコだれを作る。白ごまはバーミックス(スーパーグラインダー)で半ずり状にする。ジャグに玉ねぎを入れ、バーミックス(ミンサー)でおろし状にする。ごまと他の材料を加え、さらにバーミックス(ミンサー)で混ぜ合わせ、器に盛る。
4)
たら鍋を作る。たらはたっぷりの熱湯で霜降りにし、冷水にとってうろこや血合いなどを洗い流し、ざるに上げて水気をきる。
5)
白子は海水程度の塩水(分量外)に20分浸し、熱湯でサッとゆでてから氷水にとり、ひと口大に切る。
6)
鍋に水を約1リットル入れ、昆布を加えて卓上で弱火にかける。煮立ちはじめたら昆布を取り出して中火にし、たら、白子を加える。再び煮立ったらアクをすくい取り、弱火にして、白菜、豆腐、長ねぎを入れて煮る。煮ながら春菊を食べる分ずつ入れてサッと火を通す。
7)
好みのたれにつけていただく。
使用するチェリーテラスの道具・食材
商品名をクリックすると詳しい商品ページへ

クリステル ( 両手鍋浅型 )

バーミックス ( ミンサー ミンサー 、 スーパーグラインダー スーパーグラインダー

バルサモ・ディヴィーノ

フレスコバルディ・ラウデミオ

メモ

みぞれバルサミコだれは分とく山の野崎洋光さんに教えていただいた「豚バラサラダ みぞれバルサミコソース」のソースと同じもの。鍋ものにもよく合うとの野崎さんのコメントを思い出し、たらちり鍋のつけだれにしてみたところ、なるほどよく合います。ここでは、バーミックスを使って、より簡単に手早く作る方法を工夫してみました。

関連するレシピへのリンク

1. 豚バラサラダ みぞれバルサミコソース

このレシピにお勧めの飲み物
淡麗タイプの日本酒、麦・米焼酎
ワイン白
爽快な辛口の白(ときにシャープな切れ味のものも)
例えば、Chablis
ワイン白
やわらかな白(エレガントでバランスに優れたもの)
例えば、Sauvignon Blanc (New Zealand)
チェリーテラスの道具・食材 ワンポイントアドバイス
  • 【バーミックス】野菜のすりおろし方(大根など)
  • 【バーミックス】ごまのすり方(すりごま、練りごま)
こちらのレシピもおすすめ
このレシピのコメントを読む・送る

このレシピに関するコメントはまだありません。

Topへ戻る