e-gohan いいごはん おいしく・楽しく・健康に チェリーテラスの食とレシピ

e-gohan
Top塩漬け豚肉のポテ

塩漬け豚肉のポテ

フランス家庭料理ならではの合理的な一品。

  • 洋風
  • 手間いらずのラクチンレシピ

レシピ制作者

上野万梨子さん

  • パーティーに

前日に肉を塩漬けにしておけば、あとは煮るだけの超簡単レシピ。

材料
4人分
作り方
 
A 豚肉(肩ロース肉)※1 800g
塩(肉の3%の塩)※1 24g
砂糖(肉の1.5%の砂糖)※1 12g
白いんげん豆(乾燥) 1/2カップ
ベーコン(5mm厚さ) 2枚
にんじん(皮をむき太めの棒状に切る) 小2本
じゃがいも(皮をむき半分に切る) 2個
キャベツ(根元を落とさずに4等分に切る) 小1/2個
ブーケガルニ(※2) 1束
粒こしょう 小さじ1
1)
調理する24時間前に、豚肩ロース肉は4等分に切り、食品保存袋に入れ、塩と砂糖を混ぜたものを全体にすりこみ、冷蔵庫に入れておく。
2)
同時に乾燥白いんげん豆は水に漬け、ふやかす。
3)
豚肉の塩を洗い流し、たっぷりの冷水に30分浸して塩抜きし、1切れを3等分にする。
4)
クリステル深鍋20cmに豚肉、水1.2リットル、ベーコン、にんじん、ブーケガルニ、粒こしょうを入れて中火にかける。煮立ち始めたら火を少し弱めてアクを丁寧にすくい、弱火にし、ふたを少しずらしてのせて1時間静かに煮込む。
5)
白いんげん豆、キャベツ、じゃがいもを加え、水分がギリギリだったら少し水を足し、さらに30分煮込む。
6)
ブーケガルニを取り除き、ブイヨンは濃いめの塩加減に調えて仕上げる。肉と野菜を器に盛りつけ、肉を湿らせる程度のブイヨン少々をまわし、粗挽き粒こしょうをふり、好みでマスタードを添えていただく。
※1
クリステル22cm鍋を使用する場合は豚肉1.2キロ、塩36g、砂糖18gが適量です。
塩はゲランドの海の塩の量です。日本の海の塩や精製塩ですと、かなり辛くなるので、調整ください。
※2
セロリ10cm、パセリ5枝、ローリエ1枚、できればセージ1枝
使用するチェリーテラスの道具・食材
商品名をクリックすると詳しい商品ページへ

クリステル ( 両手鍋深型 )

メモ

残ったブイヨンは翌日の夕ごはんに。ブイヨンの濃さに応じて水を加え、冷蔵庫の残り野菜と共に煮込み、おろしチーズをふりかけていただく。このとき薄切りバケットにバターを塗ってこんがりトーストし、これをブイヨンに浸して食べるとおいしい。
また、多めに作って肉を残した場合、表面の水分ペーパーで拭き取り、フライパンに熱したいバターと油で焼く。強めの中火で表面はカリッと香ばしく、茹で肉なので中はやわらか。茹で肉の美味しい食べ方としておすすめです。焼き上げる際に、ワインヴィネガーを少々ふりかけて肉にからめても。マスタード、苦み野菜のサラダ、じゃがいものソテーを添えて。

関連するレシピへのリンク

1. グルノーブル風皿焼き卵

2. サワークリームで作る簡単チョコムース

こちらのレシピもおすすめ
このレシピのコメントを読む・送る
新着コメント
10.04
早速作ってみました。とても美味しいです!手間いらずのレシピなのに、本格的なフランス家庭料理が楽しめて大満足です。豚肉を塩と砂糖に漬け込む事により余分な水分が抜け、旨味が増してしっとり深い味わいになるんですね。ちなみに僕はホットキルトで作りました。展開レシ...
Topへ戻る