e-gohan いいごはん おいしく・楽しく・健康に チェリーテラスの食とレシピ

e-gohan
Topみそ作り

みそ作り

大豆はホット・キルト(保温カバー)で煮るから楽々です。

  • 和風

レシピ制作者

チェリーテラス

たっぷりの大豆を煮るところからはじまる味噌作り。ホット・キルト(保温カバー)でじっくり煮れば、吹きこぼれたり、皮がやぶれたりの心配がありません。つぶすのはもちろんバーミックス(ミンサー)で!

材料
出来上がり4kg
作り方
 
大豆 1kg
米こうじ 1kg
400g
だし用昆布(5×5cm) 4枚
適宜
1)
大豆は深鍋24cmに水3リットルとともに入れ一晩おく。
2)
1の鍋をそのまま中火にかけ、沸騰したらアクをすくい、弱火にして1時間半くらい豆が指でつぶれるくらいやわらかくゆでる。ホット・キルト(保温カバー)を使用してゆでる場合は、半量ずつ深鍋20cmに移して2回に分けてゆでる。その場合、鍋を中火にかけ、煮立ったら弱火でアクを取りながら10〜15分煮る。ふたをして30秒煮た後、ホット・キルト(保温カバー)に1〜2時間入れる。
3)
塩切りこうじを作る。へらで米こうじと塩(1/4カップは取り分けておく)をよく切り混ぜる。
4)
2の豆が煮上がったらボウル+ザルにとり、煮汁を切る。煮汁はとっておく。豆は1/3量ずつ鍋に入れ、煮汁1/2カップずつを加えて、熱いうちにバーミックス(ミンサー)でつぶす。
5)
4に3を加え、へらでよく混ぜ合わせる(※1)。手で直径4〜5cmの団子に丸め、酒でふいて消毒した容器に、底に押し付けて空気が入らないようにしながら入れていく。1段入れるごとに昆布をはさんでいく。最後は表面を平らにし、3で取り分けておいた塩をふり、ラップをはりつけて、約20%(約400g)の重しをのせる。容器の蓋をし、床下など冷暗所に置く(※2)。
6)
2ヶ月くらいたったら、一度底からへらで混ぜる(※3)。もう一度表面を平らにして塩(分量外)をふり、ラップをはりつけて重しをのせて蓋をし、冷暗所に置く。10ヶ月〜1年くらい寝かせる。出来上がったみそは小分けに容器に入れ、冷蔵庫に保存する。
※1
粘土くらいの固さになり、手で団子に丸められればOK。固すぎるときはさらにゆで汁で調節してください。
※2
仕込んだ日付をメモしてはっておくとよいでしょう。
※3
表面にかびが生えたら、へらでその部分をとりのぞけば大丈夫です。
使用するチェリーテラスの道具・食材
商品名をクリックすると詳しい商品ページへ

バーミックス ( ミンサー ミンサー

クリステル ( 両手鍋深型 、 ホットキルト(保温カバー) )

オールラウンドボウルズ ( ボウル、ざる )

メモ

一緒に仕込んだ昆布は刻んでそのまま食べられます。みそ汁を作る時に入れれば、さらに良いだしとみそが溶け出します。小さめに切ってみそ汁の具としてそのままいただいてもおいしいです。出来上がったみそを小分けに冷蔵庫で保管する場合も、昆布は小分けのみその中に入れたまま保管し、みそと一緒に少しずつお使いになってください。

関連するレシピへのリンク

1. 手作りみそ

チェリーテラスの道具・食材 ワンポイントアドバイス
  • 【バーミックス】ゆでた野菜のつぶし方(マッシュポテトなど)
こちらのレシピもおすすめ
このレシピのコメントを読む・送る
新着コメント
03.05
なんと後片付けがラクなのでしょう!大豆をゆでるといつもは鍋の内側に熱せられたタンパク質が貼り付いて鍋を洗うのがたいへんでした。お味噌を仕込んだ後も今年はこの方法で何度か大豆をゆでてお料理に使用しました。仕込んだお味噌を食べるのが楽しみです。...
Topへ戻る