e-gohan いいごはん おいしく・楽しく・健康に チェリーテラスの食とレシピ

e-gohan
Top夏野菜の煮込みローマ風

夏野菜の煮込みローマ風

素材を丁寧に火入れし、仕上げにバルサモ・ビアンコをたっぷり加えると美味しさが増します。

  • 洋風

レシピ制作者

森川裕之さん

  • パーティーに

夏の京野菜独特の甘みと香りをお楽しみいただけるお料理です。熱々でも冷やしても美味しく召し上がれます。

材料
4人分
作り方
 
賀茂なす(3cm角) 1個
万願寺とうがらし 8本
ズッキーニ(1cm輪切り) 1本
玉ねぎ(3cm角) 1/2個
かぼちゃ 1/6個
小芋 8個
トマト(完熟) 2個
鶏もも肉 1枚
オリーブ油(フレスコバルディ・ラウデミオ) 適量
出汁 1/2カップ
白ワイン 1/2カップ
バルサモ・ビアンコ 大さじ3
塩、こしょう、片栗粉、小麦粉 各適量
黒こしょう、パプリカパウダー、パセリ 各適宜
1)
かぼちゃは3cm角に切り、粗塩で表面をこすり、水で洗う。小芋は布巾を用いて上から下にこすり、皮をむく。蒸気のあがった蒸し器にかぼちゃと小芋を入れ10分蒸す。
2)
トマトは湯むきし、種をとって1cm角に切る。
3)
鶏肉はそぎ切りにし、塩、こしょうをし、片栗粉、小麦粉をつける。熱したクリステル(ノンスティックフライパン)にフレスコバルディ・ラウデミオをひき、両面焼く。鶏肉を取り出し、水洗いし、水気を軽く取り除く。
4)
フライパンの底全体にかかるくらいにフレスコバルディ・ラウデミオを入れ、中火で温める。万願寺とうがらしを重ねないように並べ、ふたをして蒸し焼きにする。うっすらと焼き色がついたら取り出し、同様に賀茂なす、ズッキーニ、玉ねぎも火を通し、取り出しておく。油がたりなくなったら、適宜フレスコバルディ・ラウデミオを足しながら焼く。
5)
ボンポットに1、3、4を入れ、出汁1/2カップ、白ワイン1/2カップを入れ10分程煮込む。トマトを加えて全体がとろりとなじむまで煮込み、塩で味を調える。
6)
バルサモ・ビアンコ大さじ3を加えて煮立てる。
7)
ボンポットが熱く煮えてきたら、黒こしょう、パプリカパウダー、パセリのみじん切りを振りかける。
使用するチェリーテラスの道具・食材
商品名をクリックすると詳しい商品ページへ

クリステル ( ノンスティック・フライパン )

フレスコバルディ・ラウデミオ

BONPOT

バルサモ・ビアンコ

関連するレシピへのリンク

1. 海老トースト

2. 鱧のポワレ 青柚子風味

こちらのレシピもおすすめ
このレシピのコメントを読む・送る

このレシピに関するコメントはまだありません。

Topへ戻る