e-gohan いいごはん おいしく・楽しく・健康に チェリーテラスの食とレシピ

e-gohan
Topうなぎの蒲焼きとパプリカのバスク風オムレツ

うなぎの蒲焼きとパプリカのバスク風オムレツ

オープンオムレツに具を散らすだけ。失敗知らずの簡単レシピ。

  • 洋風

レシピ制作者

上野万梨子さん

  • パーティーに
  • 鍋・フライパンひとつで

市販のうなぎの蒲焼きをアレンジしてオムレツに仕立てた、斬新な一品。フライパンごとそのまま食卓へ。

材料
2人分
作り方
 
うなぎの蒲焼き 1/2切れ
タイム(※1) 少々
パプリカ(※2) 小1個
玉ねぎ(薄切り) 小1/2個
A 本みりん 大さじ1
カイエンヌペッパー 少々
少々
バルサモ・ディビーノ 小さじ1
5個
塩、こしょう 各少々
フレスコバルディ・ラウデミオ(EXV.オリーブ油) 適宜
1)
パプリカは直火であぶって皮を黒く焦がす。紙袋に5分ほど入れて蒸らしたら、流水にあてながら皮を取り除く。縦半分に切って種を除き、5mm厚さに切る。
2)
ノンスティック・フライパン24cmにラウデミオ小さじ2を熱し、玉ねぎを炒める。甘い香りがしてきたら1を加え炒め、水大さじ2とAを加え、ふたをして弱火で5分間蒸し煮する。
3)
仕上げにバルサモ・ディヴィーノをふってからめ、中火にし、木べらで混ぜながら水分をすっかり煮詰める。
4)
うなぎは皮付きのまま、あるいは好みで皮をはがし、タイムをふりかけてレンジで温める。
5)
卵は割りほぐし、塩、こしょうで調味する。
6)
ノンスティック・フライパン24cmにラウデミオ小さじ2を熱し、オープンオムレツを作る。火を入れすぎないように、余熱があることを考えてすこし早めに火からおろし、3を適宜と4を上にのせ、タイム少々を飾る。
※1
できればフレッシュのものを。なければ乾燥タイムでも。
※2
パプリカの下ごしらえは作りやすい分量でのレシピなので、余りは冷蔵保存してください。利用法のアイデアとしては、スライスしたフランスパンにのせて、ピザ用のチーズかモッツァレラチーズをたっぷりのせてオーブントースターで焼き、エピス オリヴィエ ロランジェ(調合スパイス)のネヴィス(無ければエルブ・ド・プロヴァンスでも)をふりかけるのがおすすめです。
使用するチェリーテラスの道具・食材
商品名をクリックすると詳しい商品ページへ

クリステル ( ノンスティック・フライパン )

フレスコバルディ・ラウデミオ

バルサモ・ディヴィーノ

メモ

長方形の卵焼き器で具を包んで焼いて仕上げてもよいでしょう。切り口がきれいです。

このレシピにお勧めの飲み物
ビール
エールビール
ワイン白
やわらかな白(エレガントでバランスに優れたもの)
例えば、Bordeaux / Graves Blanc
ワイン赤
やわらかな赤(エレガントでバランスに優れたもの)
例えば、Salice Salentino
こちらのレシピもおすすめ
このレシピのコメントを読む・送る

このレシピに関するコメントはまだありません。

Topへ戻る