e-gohan いいごはん おいしく・楽しく・健康に チェリーテラスの食とレシピ

e-gohan
Top海老しんじょうと若竹のお椀

海老しんじょうと若竹のお椀

季節感のある美しい、しんじょうのお椀がバーミックスを使うと手軽にできます。

  • 和風

レシピ制作者

森川裕之さん

  • 鍋・フライパンひとつで

出汁溶き浮き粉をしんじょうのつなぎに使って、ふんわりとした仕上がりにするのがポイントです。

材料
4人分
作り方
 
海老 150g
すり身 150g
卵白 11/2個
出汁溶き浮き粉 適量
筍(ゆでたもの)※1 小1/4本
出汁、薄口しょうゆ、塩、みりん 各適量
木の芽 適宜
1)
ボウルに海老を入れ、バーミックス(ミンサー)でつぶし、すり身、卵白を入れ混ぜ合わせる。
2)
1にみりん大さじ2、塩小さじ3/4、薄口しょうゆ小さじ1を加えさらに混ぜ、出汁溶き浮き粉を大さじ1ずつ3〜4回に分けて混ぜる。
3)
2をスプーンにでラグビーボール状に整えて沸騰した出汁に落とし入れ、弱火で火を入れる。
4)
筍はやや薄めに切る。クリステル(深鍋)に出汁3カップ、筍を入れて火にかけ、しばらく出汁煮込みする。酒小さじ4、薄口しょうゆ小さじ2を加えてさらに、10分たく。
5)
お椀に3の海老しんじょうを盛り、その手前に筍を盛る。塩少量で味を調えた熱い吸地をはり、木の芽を添える。
※1
【筍のゆで方】
1、土付きの筍は、土をよく洗い落とし、穂先を切って浅く皮に切り目を入れ、皮をむく。根本の硬い部分をそぎ取る。
2、大きな鍋で水からゆがく。湯に色がついたら湯を替え、これを3回くり返し、2〜3時間程ゆでる。
3、柔らかくゆであがったか竹串で確認し、流水にさらし、水に漬けておく。
使用するチェリーテラスの道具・食材
商品名をクリックすると詳しい商品ページへ

バーミックス ( ミンサー ミンサー

クリステル ( 両手鍋深型 )

こちらのレシピもおすすめ
  • 海老しんじょう
    定番の海老しんじょうを揚げ物に。海老と玉ねぎの甘さが美味しい、春らしい一品です。
  • 三度豆と茗荷、鶏ささみの胡麻バルサミコ和え
    1年に3度収穫できるので、その名がついた三度豆は今が旬、バルサモ・ビアンコの酸味と甘みを生かした爽やかな一品です。
  • 鯛のアクアパッツァ
    ラウデミオと日本酒をたっぷり使い、旨みをひきだすのがおいしさのコツです。ニンニクやハーブなどを一緒に焼くと風味が増します。
  • 玉すい
    和風ポーチドエッグのお吸いものです。至極単純なお料理ですが、形よく作るには少し工夫が必要です。
このレシピのコメントを読む・送る

このレシピに関するコメントはまだありません。

Topへ戻る