e-gohan いいごはん おいしく・楽しく・健康に チェリーテラスの食とレシピ

e-gohan
Top松茸 しめじ 水菜のお浸し

松茸 しめじ 水菜のお浸し

京都人が大好きな水菜と秋の味覚の松茸やキノコの香り豊かな一品です。

  • 和風

レシピ制作者

森川裕之さん

  • 朝食に

松茸やキノコは乾煎りし、包丁でカットするより手でほぐすと繊維質が残り、歯ごたえが楽しめます。

材料
4人分
作り方
 
水菜 1把
少々
出汁 2カップ
薄口しょうゆ 小さじ2
松茸(小ぶりなもの) 1本
しめじ 1/2株
出汁 カップ1/2
バルサモ・ビアンコ 小さじ4
薄口しょうゆ 小さじ3
酢橘 適宜
1)
水菜は束のまま、熱湯に塩ひとつまみを入れて30秒ほどゆで、冷水に落とす。水気を絞り、冷やした出汁カップ2に薄口しょうゆ小さじ2を加えた地に浸けておく。
2)
松茸、しめじ、は石づきを除き、濡れ布巾でさっと表面の汚れだけをのぞく。
3)
2をクリステル(ノンスティックフライパン)に油をひかずに焼く。焼いて熱いままの松茸としめじを出汁カップ1/2にバルサモ・ビアンコ小さじ4、薄口しょうゆ小さじ3を加えた地に浸けて香りを地に漬ける。松茸としめじを地に浸けながら手でほぐす。
4)
1の水菜は漬け地の水気を切って、3cm長さに切る。
5)
松茸としめじの中に水菜を入れて混ぜ合わせ、仕上げに酢橘のしぼり汁を加え、軽く合わせる。
使用するチェリーテラスの道具・食材
商品名をクリックすると詳しい商品ページへ

クリステル ( ノンスティック・フライパン )

バルサモ・ビアンコ

このレシピのコメントを読む・送る

このレシピに関するコメントはまだありません。

Topへ戻る