e-gohan いいごはん おいしく・楽しく・健康に チェリーテラスの食とレシピ

e-gohan
Topさわらの照り焼き

さわらの照り焼き

家庭でも魚がぱさつかずに、しっとりと仕上がる とっておきの方法。

  • 和風

レシピ制作者

森川裕之さん

魚そのものの味、薄塩をした下味、仕上げの上味が三位一体となったおいしさは格別です。

材料
4人分
作り方
 
さわらの切り身 4切れ
適量
片栗粉、小麦粉 各適量
オリーブ油 適量
100ml
みりん 大さじ1
濃口しょうゆ、薄口しょうゆ 各大さじ1/2
砂糖、濃口しょうゆ 各少々
バルサモ・ビアンコ 適量
ししとうがらし 適宜
しいたけ 適宜
1)
さわらは薄く塩をふって10分おき、水分が出たら片栗粉をまぶしてさらに4分おく。粉がさわらに密着したら、小麦粉をまぶして10分おく。ししとうがらし、しいたけを焼いておく。
2)
クリステル(ノンスティックフライパン)に薄くオリーブ油をひき、中火にかけ、1のさわらを皮目を下にして焼く。こんがり焼き色がついたら裏返し、全面に焼き色をつける。
3)
火からおろしてノンスティックフライパンごと流水につけ、さわらの表面を洗う。
4)
ノンスティックフライパンに酒、みりんを入れて火にかけ、アルコール分がとんだら濃口しょうゆ、薄口しょうゆを入れる。沸騰したら3のさわらを入れて、全体に調味料がしっかりとからんだら取り出す。
5)
ノンスティックフライパンに残った調味料を煮詰める。味が薄い場合は少量の砂糖と濃口しょうゆを加え、仕上げにバルサモビアンコをかけて味をととのえる。器にさわら、ししとうがらし、しいたけを盛りつけ、たれをかける。
使用するチェリーテラスの道具・食材
商品名をクリックすると詳しい商品ページへ

クリステル ( ノンスティック・フライパン )

フレスコバルディ・ラウデミオ

バルサモ・ビアンコ

メモ

魚は焼きすぎるとどうしてもぱさついてしまいますが、この方法なら、料理店のような焼き台がない家庭でも、しっとり、ふっくら仕上がります。
まずは魚にコーティングを施します。片栗粉と小麦粉をまぶし、油で揚げ焼きを。水で軽く流して油分を落とせば下ごしらえが完了。これに照り焼きの調味料で上味をつけます。

関連するレシピへのリンク

1. 菜花の白和え

2. 台所寿司 えびおぼろ

こちらのレシピもおすすめ
このレシピのコメントを読む・送る

このレシピに関するコメントはまだありません。

Topへ戻る