e-gohan いいごはん おいしく・楽しく・健康に チェリーテラスの食とレシピ

e-gohan
Top食材図鑑野菜一覧かぶ
食材図鑑

かぶ

和名漢字
和名ひらがな
かぶ
和名カタカナ
カブ
英名
turnip
仏名
rave
伊名
rapa
野菜

かぶを材料に使ったレシピ

解説

アブラナ科。現産地は地中海沿岸の南ヨーロッパ説とアフガニスタンを中心にした西アジア説があり、ヨーロッパでは紀元前から栽培されていた。日本でも西日本に中国から(アジア型)、東日本にシベリアから(ヨーロッパ型)伝わり、大根より早く、弥生時代から栽培された。春の七草のひとつ、すずなは古名で、別名はかぶらという。食用にするのは根、葉、茎のすべて。白い根は淡色野菜、緑色の葉や茎は緑黄色野菜になる。品種は、西日本に多いアジア型、東日本に多いヨーロッパ型、その両方の特性を持つ中間型があり、肥大した根の大きさ(大、中、小)、色(白、紅、紫、緑)、形(扁平、長、腰高)、茎の状態(直立、半直立、開張)によってさまざま。現在栽培量が最も多くて一般的なのは、金町小かぶに代表されるヨーロッパ型の小かぶで甘みが強い。京都の千枚漬けで有名な聖護院かぶはアジア型の大かぶ。かぶは和洋中を問わず多くの料理に適しているが、水溶性のビタミンCやアミラーゼを摂取するにはサラダや和え物、漬け物といった生食にするとよい。普通のかぶのほか各地に特有の品種があり、野沢菜、すぐき菜、日野菜はかぶの変種。長い期間出回っているが、特に晩秋からは糖度が高くなるのでおいしい。
◇栄養成分 根はビタミンCとアミラーゼを多く含む。葉は、根よりはるかに多いビタミンCを含み、B群、カロチン、鉄、カルシウムも豊富。また葉と根ともに、がんの抑制に働く配糖体のグルコシアネート、貧血予防に役立つ葉酸をがある。
◇選び方 葉がぴんとし、皮が白くてキズがなく、ひげ根が細くまっすぐ伸びているものを。小かぶは小ぶりなほうがいい。
◇扱い方 ぬか漬けにするときは、十文字の切れ目を入れから漬けるとむらなく漬かる。保存は、葉のついたままにするとスが入るので、水を霧吹きなどでスプレーしてから葉と根を切り離して、それぞれラップフィルムに包んで冷蔵庫へ入れる。

 
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
かぶ                        
  特においしい時期

かぶを材料に使ったレシピ

28件のレシピが見つかりました。

画面表示点数
洋風 かぶだけのスープ
  • チェリーテラス
  • 簡単度20分以内のクイックレシピ

かぶだけを使った白いスープ。

  • 朝食に
洋風 残り冬野菜のホワイトスープ
  • チェリーテラス
  • 簡単度20分以内のクイックレシピ

白い冬野菜がいろいろ入ったポタージュです。

  • 朝食に
洋風 晩秋の野菜スープ
  • 長尾智子さん

サラミとカレー粉で風味付けするのがポイントです。

  • 鍋・フライパンひとつで
  • 作りおきにも
その他 季節野菜のオイル蒸し
  • チェリーテラス
  • 簡単度手間いらずのラクチンレシピ

たっぷりの野菜をおいしく食べる、おすすめの調理法。

  • 鍋・フライパンひとつで
洋風 白い冬野菜のグリル
  • 高橋直史シェフ

じっくり火を通すから、野菜の旨味が凝縮。

  • パーティーに
洋風 冬野菜のオリーブオイル蒸し
  • チェリーテラス
  • 簡単度手間いらずのラクチンレシピ20分以内のクイックレシピ

温野菜がたっぷりいただける簡単レシピ。

和風 かきのかぶら蒸し 亀甲あん
  • 峰岸祥子さん

かきとゆり根、ぎんなん、しめじのかぶら蒸し。

和風 かぶの肉詰め煮
  • チェリーテラス

かぶをくりぬき、鶏挽き肉だねを詰めて煮含めます。

  • 作りおきにも
洋風 かぶのポタージュ
  • チェリーテラス
  • 簡単度20分以内のクイックレシピ

葉まで、かぶが丸ごと全部入っています。

  • 朝食に
和風 かぶら蒸し
  • 峰岸祥子さん

すりおろしたかぶを魚介などの上にかけた蒸し物です。

  • パーティーに
洋風 春の蒸し野菜 自家製マヨネーズ添え
  • 有元葉子さん
  • 簡単度20分以内のクイックレシピ

ラウデミオ(EXV.オリーブ油)で作るマヨネーズ。

  • パーティーに
洋風 冬野菜のホワイトスープ
  • 河村みち子さん

冬が旬のいろいろ野菜のスープ。

  • 朝食に
Topへ 食材図鑑へ 野菜一覧へ