e-gohan いいごはん おいしく・楽しく・健康に チェリーテラスの食とレシピ

e-gohan
Top食材図鑑野菜一覧アロエ
食材図鑑

アロエ

和名ひらがな
あろえ
和名カタカナ
アロエ
英名
aloe
仏名
aloes
伊名
aloe
野菜

解説

ユリ科。アフリカ原産の多肉植物。日本でよく知られている品種はキダチアロエとアロエベラだが、キダチアロエは民間薬として使われ、主にアロエベラを食用にする。アロエベラは、幅広で肉厚の大きな葉が根元から株分かれして伸び、葉の長さが70〜80cmぐらいのものもある。苦みが強く、とげのある皮を取り除くとゼリー状の肉が現れ、ねばねばした液が出てくる。胃腸障害、便秘などの改善に作用する働きがあるが、緩下作用が強いのでとりすぎはよくない。特に妊娠中や痔疾の場合は注意する。
◇栄養成分 注目すべき成分は、腸内細菌を活発にし、免疫力を強化する働きのある多糖体のアロエマンナン。アロエマンナンは皮膚の老化防止作用、抗腫瘍作用などがある。ほかに、アロミチン、アロエウルシンといった抗腫瘍物質も含む。苦み成分は健胃や緩下作用のあるアロインやアロエエモジンなど。その他微量だが、葉緑素、ビタミン類、カルシウム、カリウム、鉄分などのミネラルも含む。
◇食べ方のヒント レモン汁やりんごの絞り汁を加えると、苦みがやわらぐ。

Topへ 食材図鑑へ 野菜一覧へ