e-gohan いいごはん おいしく・楽しく・健康に チェリーテラスの食とレシピ

e-gohan
Top食材図鑑野菜一覧ポロねぎ
食材図鑑

ポロねぎ

和名ひらがな
ぽろねぎ
和名カタカナ
ポロネギ
英名
leek
仏名
poireau
伊名
porro
野菜

ポロねぎを材料に使ったレシピ

解説

ユリ科。地中海沿岸が原産。すでに古代エジプトで栽培されていたと推定される古いねぎで、英語ではリーキといい、ポロねぎはその別名。西洋ねぎ、洋ねぎ、にらねぎ、ポワロとも呼ばれる。日本には明治初期に渡来したが、すでにねぎがあったため普及せず、近年になってから需要が伸び、現在人気上昇中の野菜といえる。一見、下仁田ねぎに似てはいるが、濃緑色の葉はかたく、扁平で袴状に重なっている。食用にするのは太くて短い白い部分で、刺激臭が少なく、加熱すると、とろりとしてやわらかいのに煮崩れせず、甘みが増す。その独特の甘みを利用してブイヤベースに入れたり、スープ煮、クリーム煮、グラタン類、てんぷら、炒め物にしたり、ゆでて肉料理の付け合わせやマリネ、おひたしなどにする。また若どりした細くてやわらかいもの(フランス語でポワロ・ジェンヌという)は生のままサラダにする。乾燥粉末にした加工品は、スープなどの調味料に使われる。現在は各都市近郊で栽培されているが、市場にあるもののほとんどは輸入品。
◇栄養成分 カロチンが豊富で、食物繊維、カリウムも多い。
◇選び方 全体に張りと光沢があり、巻きもしっかりしてかたく、白い部分は太くて長く、根元が丸みを帯びてふくらみ、葉の緑色がみずみずしいものにする。
◇扱い方 ゆでるときは、外皮をむき、根元がばらけないように先端を切り落とし、緑色の葉は捨て、たっぷりの熱湯でゆでる。保存は、乾燥しないようにラップフィルムで包み、冷蔵庫で。

 
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
ポロねぎ                        
  特においしい時期

ポロねぎを材料に使ったレシピ

1件のレシピが見つかりました。

画面表示点数
洋風 ポタージュ・パリジャン
  • 上野万梨子さん

フランスの家庭でもっともよく作られる基本のポタージュ

  • パーティーに
Topへ 食材図鑑へ 野菜一覧へ