e-gohan いいごはん おいしく・楽しく・健康に チェリーテラスの食とレシピ

e-gohan
Top食材図鑑野菜一覧きゅうり
食材図鑑

きゅうり

和名漢字
胡瓜
和名ひらがな
きゅうり
和名カタカナ
キュウリ
英名
cucumber
仏名
concombre
伊名
cetriolo
野菜

きゅうりを材料に使ったレシピ

解説

ウリ科。インド原産。すでに3000年も前から栽培され、日本には9〜10世紀ごろに中国から渡来したが、本格的な栽培は17〜18世紀になってから。食用にするのは未熟果。全国的に広く栽培されて品種は多いが、一般的なのは表面が緑色で小さなとげ(いぼ)があり、水分を多く含んだ円柱形の果実。とげが白くて果肉が薄く、歯切れのよいものは白いぼきゅうり、とげが黒くて果肉がかたく、においの強いものは黒いぼきゅうりという。現在はとげが目立たない白いぼきゅうりが主流で、一部には漬け物用やピクルス用の品種もある。ほかに、長さ6〜10cmぐらいのもろきゅう、長さ3cmぐらいで花のついた花丸きゅうりなども生食用としておなじみ。95%以上も水分を含み、青くさい香りとシャキシャキした歯触り、特有の苦みが特徴だったが、苦みは品種改良が進んだのでほとんど感じられなくなった。漢方ではきゅうりを生で食べると余分な熱を取り去るので、熱のある病気や口がひどく渇いているとき、胸のあたりがもやもやするときに効果があるという。その半面、冷やす働きが強いので、胃腸の弱い人や冷え性の人が生でたくさん食べると下痢の原因になることもある。
◇栄養成分 利尿作用のあるカリウムが多い。特有の香りはキュウリアルコールによるもので、血が固まるのを防ぐピラジンという成分を含む。ひとつ注意すべきことは、きゅうりにはビタミンC破壊酵素のアスコルビナーゼが含まれていること。ビタミンCの多い野菜や果物と一緒にとると、ビタミンCが壊されるので、この酵素の働きを抑制してCを摂取するには、加熱するかレモンや酢を加えた生食に。
◇選び方 全体につややかで張りがあり、とげ(いぼ)が痛いほどとがっているものが新鮮。形が悪く曲がっていても味や鮮度に変わりない。しかし、ふかふかしているもの、育ちすぎたものは避ける。ふかふかしているのはスが入っていることがあり、育ちすぎは種が大きく味も落ちている。
◇扱い方 まな板の上において塩をふり、上から少し押しつけるように前後にころがして(板ずり)とげや青くささを取り、あざやかな色に仕上げる。保存はラップフィルムに包んで冷蔵庫に入れる。

 
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
きゅうり                        
  特においしい時期

きゅうりを材料に使ったレシピ

11件のレシピが見つかりました。

画面表示点数
その他 きゅうりのガスパチョ
  • 若林三弥子さん
  • 簡単度手間いらずのラクチンレシピ

夏におすすめの、きゅうりの冷製スープ

  • 朝食に
和風 渡り蟹と胡瓜と大徳寺麩の黄身酢かけ
  • 森川裕之さん

和食のお酢物のベースとしてバルサモ・ビアンコを使用しています。

洋風 きゅうりサンド
  • 有元葉子さん

きゅうりたっぷりのサンドイッチ。

  • パーティーに
  • お弁当に
和風 地のりとふのりの冷汁
  • 南清貴さん
  • 簡単度手間いらずのラクチンレシピ

気温が上がり、湿度が高くなってきた時期においしく感じられる料理。汁を少し濃いめに作って、氷を浮かべると喜ばれることも。

洋風 ズッキーニときゅうりのアペタイザースープ
  • 上野万梨子さん

ミントの香りがさわやかです。アンチョビをのせたパンを添えるとおいしい。

  • パーティーに
  • おつまみに
洋風 ガスパチョ
  • チェリーテラス

火を使わない、冷たい夏野菜のスープ。

  • パーティーに
洋風 夏野菜と玄米のサラダ
  • チェリーテラス

たっぷりの野菜と玄米を玉ねぎドレッシングで。

  • パーティーに
中国風 お刺身サラダ
  • チェリーテラス
  • 簡単度20分以内のクイックレシピ

せん切り野菜たっぷり。中国風ごちそうサラダ。

  • パーティーに
和風 きゅうりとしいたけの甘酢和え
  • チェリーテラス
  • 簡単度20分以内のクイックレシピ

すりたてのごまがたっぷり入った甘酢衣で和えます。

洋風 ニース風サラダ 
  • チェリーテラス
  • 簡単度20分以内のクイックレシピ

南フランスの定番、具だくさんサラダ。

洋風 きゅうりとディルのスープ
  • マロンさん
  • 簡単度手間いらずのラクチンレシピ

ヨーグルトを加えたさわやかな冷製スープ。

  • パーティーに
  • 鍋・フライパンひとつで
Topへ 食材図鑑へ 野菜一覧へ