e-gohan いいごはん おいしく・楽しく・健康に チェリーテラスの食とレシピ

e-gohan
Top長尾智子の季節のメッセージ

素材をシンプルに味わう、長尾智子の季節メッセージ


長尾智子さんのプロフィールとレシピを見る

vol.4秋から冬へ。季節の変わり目のスープ

 秋から冬へ、季節の変わり目は急に寒くなったりして、毎日気温が気になります。
 うっかり風邪をひいたりするのもこの時期。そんなことさえなければ、私は季節の変わり目の旅行や料理がけっこう好きです。今年は、9月の始めから中旬にかけてフランス南西部に行きました。南の地方だけあって夏は長い感じでもありますが、市場にはまだ、ベリー類などのフルーツがたくさん出ていて、夏の名残というのか、夏がまだ終わり切っていない感じでした。一方、きのこも出始めるのがこの時期です。街の市場では、夏と秋の境目にいるようで、ちょっとお得な気がしました。
 極端に暑かったりということもないので、過ごしやすいのもよいところ。欲張って、出始めのきのこ料理を食べて、デザートにはベリーをたくさん、といった食事もできましたし、季節のピークを過ぎたよさというのもあるのを実感したものです。

 秋も深まると、今度は冬へ向かうわけですが、秋と冬の野菜をミックスしたイメージのスープを作ってみました。もっとも、季節を限定される野菜は年々減っていますから、気分の問題とも言えるのですが、それでも季節感は料理には重要です。
 サラミは「だし」の役目もありますが、そのまま食べておいしいサラミは、煮込んでもいい味が出て、ベーコンなどを入れて手軽に作るのともまた違った風味になります。塩味は、最後に味を見て加減するのがいいでしょう。カレー粉を少なめに加えましたが、色々な種類があるので、好きなものを選んで。
 ちなみに私は、少々粗いカレー粉に、ジンジャーとタイムを混ぜて使ったりもします。好きなスパイスの香りを、少し加えておくのがお薦めです。

 カリフラワーは白い温サラダに。チーズの温かいソースは、フォンデュを少量簡単に作ったような感じです。フォンデュの場合、普通チーズはミックスしますが、温サラダ風に食べるには十分です。グリュイエール、エメンタールなどのチーズにパルメザンのこくを加えるくらいで、かぶ、じゃがいも、その他野菜ならほとんど何でも合います。チーズフォンデュには、野菜をつけて食べませんが、野菜があったらいいのに、とずっと思っていたので、たまに作る時には、パンより野菜を多くしたりしていました。本格的なフォンデュをメインにするのはちょっとヘビーかな、でも少し食べたいし。という時にはぴったりです。
 その日飲む予定の白ワインがあればあけて、チーズソースに少し使うというのはどうでしょう。ゆっくり気長に煮とかすのがコツです。

 デザートに、というわけではないのですが、寒い時に思い立って作る、ごく簡単な飲み物を一つ。しょうが、レモン、はちみつの組み合わせが好きなので、その3つをお湯で割って、レモネードのようにします。その都度作るのも、そう面倒ではないですが、はちみつにしょうがとレモンの搾り汁を混ぜておいても、アイスクリームやババロワなどのソースにして、ひと味加えるのに便利ですよ。

Topへ戻るバックナンバー