離乳食トップページ > 離乳食レシピ一覧 > 12〜15ヵ月ころ:山いも入りお好み焼き

12〜15ヵ月ころ

山いも入りお好み焼き

手でもったり、フォークで刺したものをもたせたりして、長いものを噛み切る練習をさせたいときのメニューです。お好み焼きの生地は山いも入りでふんわり。たっぷりのきゃべつが入って食べやすく、バランスのよい一品です。

材料

材料 分量(大人1人 + 赤ちゃん)
きゃべつ(4〜5cm角のざく切り) 100g
長いもまたは大和いも(2cm角に切る) 80g
薄力粉 大さじ3
1個
お好み焼きソース 適宜
かつおぶし、青のり 各適宜
サラダ油 少々

作り方

1)
きゃべつはバーミックス(スライシー/チョッピングナイフ)でみじん切りにする。
2)
長いもをジャグに入れ、バーミックス(ミンサー)でつぶす。
3)
きゃべつ、薄力粉、卵を加え、さらにバーミックス(ミンサー)でざっと混ぜる。
4)
赤ちゃんの分はソースを水少々でのばして薄くぬり、かつおぶし、青のりをふりかけ、食べやすくスティック状に切る。
5)
残りは大人の分とし、ソースをぬり、かつおぶし、青のりをふりかける。

使用するチェリーテラスの道具・食材

チェリーテラス商品 ワンポイントアドバイス

  • 【バーミックス】野菜の刻み方(にんじんなど)
  • 【バーミックス】野菜のすりおろし方(大根など)