e-gohan いいごはん おいしく・楽しく・健康に チェリーテラスの食とレシピ

e-gohan
Top料理研究家・シェフのみなさん加藤千恵さん

加藤千恵さん

かとう・ちえ

青山学院女子短期大学卒業後、日本航空国際線客室乗務員として各国を訪れ美味しいお菓子、食器に魅せられる。
結婚後日本航空本社に勤務の後退職 本格的に製菓の勉強をする。
パリ ル・コルドン・ブルー、エコール・ド・リッツエスコフィエ、ドイツ ボルフェンビッテル国立製菓学校等で製菓を学ぶ。
1977年頃から、自宅で友人達を生徒にお菓子作り始める。出来たお菓子を囲んでお茶会が目的の小さな集まり。
その後口コミで生徒が集まり、本格的に自由が丘の自宅でお菓子教室主宰。フランス菓子をベースにオリジナルのお菓子を教える。
家庭のお菓子は、おいしくて、シンプルでナチュラル、温かみのあるデコレーションがモットー。

加藤千恵さんからのメッセージ

バーミックスを始め、クリステルの鍋やイタリアのガラス器など使い勝手が良く、デザインの優れた商品を紹介してくださり感謝しています。ラウデミオのオリーブオイルも我が家では無くてならないもの、イタリアのジャムや昨年使わせていただいたSABA等、お菓子を作る素材としての興味ある食品の数々も大変面白い発想が湧いてくる商品ばかりです。今後もチェリーテラスのセレクトした素敵な商品を心待ちにしています。

著作 Writing

『チョコレートパーフェクトブック』講談社 (初版 2004.11.15)

『加藤千恵のお菓子教室』講談社 (初版 2004.4.15)

『手作りのウェディングケーキと引き菓子』講談社 (初版 2003.3.15)

『フードプロセッサーでパン&デザート革命』講談社 (初版 2001.11.15)

『贈るお菓子』講談社 (初版 2000.11.15)

連絡先 Contact

教室問い合わせは03 3723 6368(電話・FAX)

加藤千恵さんのレシピ

26件のレシピが見つかりました。

画面表示点数
並び替え 新着 スタイル 簡単さ
洋風 メロンのシャーベット
  • 加藤千恵さん
  • 簡単度手間いらずのラクチンレシピ

フレッシュメロンの味わいをそのままシャーベットに。

  • スピーディに
洋風 ジェノベーゼと野菜のソテーのブリニ
  • 加藤千恵さん

冷めても美味しいのでパーティなどにぴったりなレシピです。

  • パーティーに
洋風 小エビと自家製マヨネーズのブリニ
  • 加藤千恵さん

手作りのアーモンドミルクで作る、塩味のパンケーキです。

  • パーティーに
  • おつまみに
洋風 アーモンドミルクを使ったパンケーキ
  • 加藤千恵さん

手作りのアーモンドミルクで作る、ふわふわのパンケーキです。

  • 朝食に
  • パーティーに
洋風 ショコラ アールグレイ
  • 加藤千恵さん

電子レンジとバーミックスで手軽に作れます。

  • パーティーに
洋風 いちごとローズのムース
  • 加藤千恵さん

淡いピンク色の上品で華やかなお菓子です。

  • パーティーに
洋風 ローズサントノーレ
  • 加藤千恵さん

シューのあめがけをグラス(糖衣)でアレンジした、パリで話題の新感覚のサントノーレ。

  • パーティーに
洋風 レモン味のキューブケーキ
  • 加藤千恵さん

バターケーキは形が崩れにくいので、手みやげにも最適です。

  • パーティーに
洋風 パッションフルーツ味の生チョコハート
  • 加藤千恵さん

パッションフルーツのピューレを混ぜ込んだ生チョコレート

  • スピーディに
洋風 カルピスシェイク
  • 加藤千恵さん
  • 簡単度手間いらずのラクチンレシピ

カルピス味のおしゃれなデザートです。

洋風 SABA入りホワイトチョコレートフォンデュー
  • 加藤千恵さん
  • 簡単度20分以内のクイックレシピ手間いらずのラクチンレシピ

バンマリー(湯煎器)を使って、特別な日に。

  • パーティーに
洋風 ラズベリーのパルフェ
  • 加藤千恵さん

ピュレにホイップクリームを加えて冷やし固めます。

  • パーティーに
洋風 バナナとオレンジのパルフェ
  • 加藤千恵さん

ピュレにホイップクリームを加えて冷やし固めます。

  • パーティーに
洋風 桃のパルフェ
  • 加藤千恵さん
  • 簡単度手間いらずのラクチンレシピ

黄桃の缶詰を使った手軽な冷たいデザートです。

  • パーティーに
洋風 いちごのババロア
  • 加藤千恵さん

人気の味もバーミックスで簡単に。

  • パーティーに
洋風 ヨーグルトのムース
  • 加藤千恵さん

トッピングやソースが楽しめるシンプルな味わい。

  • パーティーに
Topへ 料理研究家・シェフのみなさんへ